Iクワドラント・投資家として成功するためには?

投稿者: | 2017年10月23日

このページでは、Iクワドラント・投資家として成功するための秘訣について解説していきたいと思いますが、このクワドラントで成功するためには、努力だけではなく才能も必要になると思います。

ロバートキヨサキのキャッシュフロークワドラントの本の中では、Iクワドラント・投資家で成功するためには、まず、Bクワドラント・ビジネスオーナーとして成功する必要があると書いてあります。

また、Bクワドラント・ビジネスオーナーとして成功するためには、Sクワドラント・自営業者として成功する必要もあるわけですから、以下の「E→S→B→I」の順番で進んで行くのが確実だと言えます。

しかし、人それぞれ考え方がありますので、どの方法が正しいかはわかりません。また、Iクワドラント・投資家は兼業でもできますので、今の仕事にプラスして合わなければ「やらない」と言う選択肢もあって良いと思います。

その理由は、投資と言うのは儲かるだけでなく損をすることもあるからです。ですから、Eクワドラント・従業員に属している方の大半は興味を持たないかもしれません。

ですが、資産1億円以上の富裕層の方を分析してみると、だいたい株式投資か不動産投資を行っている傾向がありますので、金銭的に成功したい方は、このクワドラントについて勉強する必要があるとも言えます。

これは、Bクワドラント・ビジネスオーナーでも同じですが、Iクワドラント・投資家には、年齢、性別、学歴などは一切、関係ありません。また、自分以外の人は全て敵とも言えます。

ほかには、Iクワドラント・投資家のメリットの一つに税金が安い(一律20%)ことが述べられています。Eクワドラント・従業員の税金は累進課税制度で年収が高くなるにつれ税率が上がります。

また、日本では、たくさんの税金を納めても多くの方から感謝されるわけではなく、むしろ、妬まれる傾向がありますので、Eクワドラント・従業員だけでなく、Sクワドラント・自営業者の方もBクワドラント・ビジネスオーナーの方も税率面だけを見ると非常に魅力的に見えると思います。

もちろん、損をすることもありますので、稼ぐことができる方のみのメリットかもしれませんが、Iクワドラントで成功することができれば、自由なお金と自由な時間が手に入りますので、一生懸命に頑張る価値はあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です